マーケティングを考える時に欠かせない「4P」と「4C」について。

マーケティング には様々な過程があります。

企業が商品を顧客に届けるまでには、企画から始まり、生産、流通、プロモーション活動など、いろいろ考えなくてはなりません。細かく見ると、もっとたくさんの過程があります。

たくさんある過程を、企業側の視点(売り手の視点)で分類したのが、「4P」といわれるものです。

4Pは、1961年にジェローム・マッカーシーという人物が提唱しました。

4つのPとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)の頭文字です。

・Product(製品)
顧客のニーズに合った製品を作ることはもちろん、商品の品質や付加価値、デザイン、ブランド化を考えることも、ここに含まれます。

どのようなアフターサービスを提供するかも、他社と差別化するためには重要なので、製品戦略に含めます。


・Price(価格)
商品の価格によって、売上が大きく左右されるため、価格決定は重要な戦略です。

どんなに品質の良い商品でも、顧客が買える価格でなければ売れません。

価格が安ければ売れるかもしれませんが、価格を下げすぎると、採算が取れないので、難しいところです。

価格の決め方(プライシング)は、いくつもあります。

かかった費用を加算していく「コスト・プラス・プライシング」(Cost Plus Pricing)は、「コストプラス方式」とか「原価加算法」ともいわれ、多くの製品で使われています。

他にも、「この価格なら買ってくれるだろう」という、消費者の視点で決める方法もあります。

価格は、競合他社製品や、需要と供給、景気などにも影響されるため、決めるのが難しいです。

また支払条件や、支払方法を決めたりするのも、ここに分類されます。


・Place(流通)
製品が顧客に届くまでには、いろんな流通経路があります。通常は以下のようになります。
メーカー(生産者) → 卸売業者 → 小売業者 → 消費者(顧客)

しかし最近は、インターネットやテレビショッピング、宅配便の普及で、だいぶ方法が増えています。

また、ただ商品を運ぶだけでなく、どこにどれくらい流通させるのかも大事です。買ってくれるお客様がいる場所に、商品を運ばないと売れないからです。

エスキモーに氷を売るのは大変です。それより暑いところに流通させたほうが、簡単に売れます。


・Promotion(プロモーション)
商品があるだけでは売れません。顧客が商品の存在に気付かなければ、無いのと同じです。

しかも顧客に「欲しい」と思ってもらわなければなりません。

プロモーション活動には、新聞やテレビ、ラジオ、雑誌などの広告媒体が使われます。またインターネットを使った広告も当たり前になってきました。


「4P」に対して「4C」という分類方法があります。

「4C」とは、顧客の視点(買い手の視点)で分類する方法です。ロバート・ラウターボーンによって提唱されました。

・Customer Value(顧客価値)、Customer solution(顧客ソリューション)
・Customer cost(顧客コスト)
・Convenience(便利、利便性)
・Communication(コミュニケーション)

*solutionとは、問題などの解決方法のことです。
*4Cは4Pの各分類に対応しています。

マーケティングは、売り手側の視点で考えるか、買い手側の視点で考えるかで、だいぶ違ったものになります。

大きな分類方法として、「4P」と「4C」を覚えておくと、マーケティングを考える時に役立ちます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






マーケティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。