マーケティングは千差万別で、正解は無いため、常に試行錯誤が必要。

マーケティング は、企業が商品を作り、販売するまでの一連の活動全体を指します。

マーケティングは千差万別で、正解はありません。そのため常に試行錯誤が必要です。

マーケティングの方法は、商品を製造しているメーカーと、商品を仕入れて販売している小売店では、当然違ってきます。

同業種のメーカーでも、会社の戦略によって、マーケティングの方法は、まったく異なります。

メーカーは、商品の企画開発の段階からマーケティングが始まっています。生産計画や流通、プロモーション活動についても考える必要があります。

インターネットやテレビショッピング、その他の広告を使い、自社で直接お客様に販売することもあるでしょう。

それに対し、小売店は商品をいかに販売するかという、「売り方」がメインのマーケティングになります。

でも販売する商品の選択や、どこから仕入れたほうが良いのか、店頭価格の決定、在庫管理なども含めて、全てがマーケティングです。

もちろん、各小売店によって、売り方が変わってきます。

例えば、同系列のスーパーでも、各店舗の担当者によって、商品の陳列(ディスプレイ)や配置が微妙に異なります。

会社の方針はあるでしょうが、そのスーパーの立地条件や顧客層によって、売れる商品が異なるため、まったく同じにはなりません。

したがって、100社あれば、マーケティングの方法も、100通り以上あることになります。

さらに、同じ会社の社員でも、販売成績の良い人と、悪い人がいます。まったく同じノウハウやツールを使っていても、人によって微妙にやり方が違うのです。

販売成績の良い人は、他の社員と違う、何らかの工夫があります。もしかしたら、無意識に行なっているかもしれません。

マーケティングは、人間が行なうことなので、「人の数だけ方法がある」と言ってもいいと思います。

マーケティングに正解はありません。効果のある方法や、失敗はあるかもしれませんが、「一番正しい答え」というものは無いのです。

そのためマーケティングは、常に試行錯誤が必要です。

今は効果がある方法でも、時間が経つと効果がなくなることがあります。

逆に、今は効果が無くても、少しの工夫や、いくつか組み合わせることで、効果が出ることもあります。

また、昔効果があったマーケティングが、現在に再び使える場合もあります。

ここ10年くらいで増えた、エモーショナルマーケティングは、顧客の感情に焦点を当てた方法ですが、100年前にも行なわれていました。

マーケティングに正解はありませんが、十分に利益が出て、会社を経営していけるなら、それが正解に近い状態だと言えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






マーケティング初心者入門講座 TOPへ