マーケティングを学べる材料は、身の回りに溢れている。

マーケティング は、あなたの身の回りのあらゆることから学ぶことができます。

もはやマーケティングは、特別な事ではないのです。

わざわざ大学に行かなくても、日常生活の中でも、実戦的な方法が学べます。

もちろんマーケティングに関する本は、多数出版されているので、

本屋さんで買えば、簡単に学べますよね。

ただし本を選ぶ時には、

タイトルに必ずしも「マーケティング」という文字が含まれていないこともあるので、注意が必要です。

例えば、本のタイトルが「売れる仕組み、儲ける、稼ぐ、売れる文章」などと表現されていることもあるからです。

これらの本って、広い意味ではマーケティングに関することですよね?

商品を販売することに関わる全てがマーケティングですから。

なぜそんなタイトルにするのか?

そのほうが本が売れるからですw

堅苦しいタイトルだと、手に取ってもらえませんよね。

他にもマーケティングは、身の回りのどんなものからでも学べます。

今ではマーケティングは、社会学や心理学などを取り入れているため

私たちの生活の様々なところまで、奥深く入ってきているからです。

例えば広告だけ見ても、

人間が一日に目にする広告の数は、なんと数千とも言われています。

テレビのCMをはじめ、新聞の広告、電車の中吊り広告、看板、電柱、

ありとあらゆるところに広告があります。

自宅から会社に行くまでの間でも、

もう無限と言ってもいいくらい広告で溢れています。

そしてつい目に入って、読んでしまう。

したがって、マーケティングの資料を集めるのは超簡単です。

新聞のチラシは毎日届くし、

書店やコンビニエンスストアなどでは、通販カタログも無料配布されているからです。

資料がタダで手に入るなんて。

こうして集めたものを分析すれば、

「この会社はここを狙っているんだな」とか、

「こんな手法なのか!」

といった新たな発見があるかも。

あとは自分のビジネスモデルに取り入れ、応用するだけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






マーケティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。